遺言書とは、自らの死後の財産の処分の方法、遺言書の指示を誰に実行してほしいか、誰に未成年の子どもの世話をしてほしいかなどを明記した、法的文書です。
民法上、遺言書に法的効力を持たせるためには規定通りに文章を作成する必要があり、この規定に反する遺言書は無効とされてしまいます。

当センターでは、専門の行政書士が自筆証書遺言・公正証書遺言の作成をサポート適切にサポートし法的に有効な遺言書の作成をお手伝いいたします。

関連ページ