公正証書遺言

皆さんこんにちは。行政書士の河村です。

今回は、公正証書遺言について解説致します。

まず、公正証書とはどういったものかについて解説致します。

公正証書とは、【公証人法】に基づき、法務大臣に任命された公証人が作成する公文書で、「公正証書」には法的証明力があり、執行力を有し、安全性や信頼性に優れています。このため公正証書遺言においては、自筆証書遺言のような家庭裁判所の検認手続きは不要です。

公正証書遺言の方式

公正証書により遺言をする場合には次の方式に従う必要があります。

① 2人以上の証人が立ち会うこと

② 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること

③ 公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人読み聞かせ、又は閲覧させること

④ 遺言者及び証人が、公証人の筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと

  ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる

⑤ 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに公証人が署名し、印を押すこと

検認手続き

公正証書には高い証明力が担保されていることから、自筆証書遺言のように家庭裁判所による検認手続きは不要とされています。

長所・短所

公正証書遺言の長所としては、前項のように検認手続きが不要になるほか、法的に有効な遺言を確実に残すことができる遺言書が紛失、盗難、改ざんされるリスクがないといった点があります。

一方で短所としては、公証役場の費用が掛かるため自筆証書遺言に比べて割高になる、2人の証人が必要になるといった点があります。

行政書士には職務上の守秘義務がありますので、遺言の起案だけでなく証人としても皆様のお役に立てるものと考えております。

遺言書の作成でお困りの際はぜひお気軽に行政書士にご相談ください。

前の記事

自筆証書遺言

次の記事

公正証書遺言の作成費用