遺言書保管制度

令和2年7月からスタートした遺言書保管制度についてご案内致します。

 平成30年に【法務局における遺言書の保管等に関する法律】が成立しました。 これを受けて令和2年7月10日から法務局において遺言書の保管制度がスタートしました。


 この制度では、自筆証書によって作成された遺言書法務局で保管・管理する仕組みとなっており、遺言者は遺言書保管官に対し遺言書の保管を申請することができます。

現状の問題点 

 現状では自筆証書の遺言書は、自宅などで保管されることが多く、紛失や亡失隠匿や改ざんなどの恐れがあり、これらにより相続をめぐる様々な問題が生じる恐れがあります。

期待される効果

 法務局で遺言書を保管することにより、遺言書の紛失や亡失・隠匿 改ざんなどの恐れが無くなり、遺言者の最終意思を尊重した相続手続きの円滑化などの効果が期待されています。

申請方法・手数料等

 遺言者は、自筆証書遺言に申請書・手数料などを添えて法務局で申請を行います。この際には本人確認書類が必要になりますので、運転免許証やマイナンバーカードなどを持参するようにしてください。またこの申請手続きは申請者本人しか行う事が出来ません。代理人による代理申請などは行えませんので注意してください。

 手数料は一通につき3,900円となっております。

 手続きが終了すると、保管証を受け取ることができます。法務局で保管されている遺言証書を閲覧したい時などにはこの保管証が必要になりますので、大切に保管しておいてください。

遺言の撤回 

 自筆証書遺言は、いつでもその撤回が可能です。法務局に保管をした場合でも撤回をすることが可能です。ただしこの場合には保管してある遺言書を返還してもらう必要がありますので、撤回書を作成したうえで法務局で遺言書の返還の申請を行います。

確認の請求等

 相続人等は、遺言書が法務局に預けられているかどうかの確認を請求することができます。遺言書保管事実証明書の交付の手数料は一通につき、800円となっております。

 また、遺言者が亡くなられている場合には遺言書の内容の証明書を相続人等が受け取ることが可能です。この際発行される遺言者情報証明書の交付手数料は一通につき1,400円となっております。

 相続人等による遺言書の閲覧に関しては、閲覧申請を行い本人確認をした上で閲覧することができます。モニター越しに閲覧する場合には1回につき1,400円原本の閲覧の場合には1回につき1,700円の手数料が必要です。

 法務局において行う遺言書保管制度に関する全ての手続きについては、あらかじめ予約が必要となりますのでご注意ください。

より詳しい情報は、法務省ウェブサイトよりご確認いただけます。

前の記事

公正証書遺言の作成費用

次の記事

謹賀新年