任意後見

 成年後見制度には、大きくわけて2種類のものがあります。

まず1つは任意後見、もう1つは法定後見です。今回はこのうち、任意後見についてご紹介したいと思います。

 任意後見とは、本人がまだ元気なうちに、自分が認知症などで判断能力がなくなってしまった時に備えてあらかじめ任意後見契約を結んでおく制度です。

 任意後見契約は、判断能力がなくなってしまった時にその効力が発行しますので、本人が元気なまま判断能力をなくすことなく亡くなった場合にはその効力を発行せずに失効します。

 任意後見の場合、誰を後見人にするのかどのような事どのようにしてもらうのか等を本人と後見人となる人との間であらかじめ取り決めて契約を締結することになります。

 本人がまだ元気なうちに契約を結ぶことから、本人の意思がより尊重されうる制度ということができます。

次の記事

法定後見