後見人の役割

 成年後見制度には任意後見と法定後見の違いはあっても、基本的な役割は同じものになります。

後見人の役割には大きくわけて、「財産管理」「身上監護」があります。ここではこの2つの役割について見ていきましょう。

財産管理

 財産管理とは判断能力を失っている本人に代わり、本人の財産を管理し守る事です。

 現金や預貯金の管理はもちろんですが、株式などの有価証券の管理なども行います。また、銀行口座などが複数に分散されている場合などに管理しやすいように口座を一本化したりする事も含まれます。

 不動産に関しても自宅だけではなく、借家やアパートといった収益物件の管理も行います。ただし、収益物件の管理や別荘、クルーザーといった贅沢品にあたるような物件の管理は通常の管理は含まれますが、売却に関しては結果的に本人の財産を減少させてしまう恐れもあることから正当な理由や裁判所の許可を受ける必要がある場合もありますので注意が必要です。

身上監護

 身上監護とは、本人の身の回りの監護です。例えば病院の予約や入院の手続き、介護施設の契約の手続き、裁判所への報告などがこれに当たります。ただし、介護に該当するような身の回りのお世話をすることはできませんので注意が必要です。良かれと思ってやったことでも、後見の枠を逸脱してしまうと様々な問題が発生し、結果的に本人にとってマイナスになってしまいますので、後見の役割をしっかりと理解して行うようにしましょう。

 成年後見制度は、判断能力が不十分な本人のための制度であることを十分に理解したうえで、常に本人のためにはどうしたらよいかを考えて行動することが肝要です。 

前の記事

法定後見